ホーム / Article Categories / 文法
支払い通貨を米ドル、新しい価格に変更。 6月24日より。 もっと読む

文法

「Make」、「force」や「let」などという単語は使役動詞です。使役動詞とは動作の原因が自分の意志ではなく、何かしらの力を持った他人が自分に何かをさせることを示しています。
単純過去形か現在完了形、どちらを使えばよいかわからない…ということはありますか? この記事を読めば大丈夫! 2つのタイプを説明し、どちらを使うべきか指南します。
省略とは、文章を短縮すること。日本語では、例えば主語を省略するなど当たり前。英語の世界では、こうした省略はそれほどフレキシブルではありません。
A  boy wearing glasses
同じ数えられる名詞を繰り返し使う場合、そしてはっきり同じ名詞だとわかる場合は ONE または ONESに置き換えることができます
An image of a scale
動詞によっては状態を表すタイプと行動を表すタイプがあり、意味も変化することもあります。
A pair of bee-eaters
何か(数えられる名詞)について話をするとき、たいていA/AN または ONEを使えばOKですが、場合によってはONEがよりよいこともあります。
文法 を購読